IP読取機能一体型ラウエカメラ IPラウエカメラ、各種X線発生装置および部品 日本語→中国話

 

IPラウエカメラ
 
X線発生装置
 
 
・IP読取機能一体型ラウエカメラはIPラウエカメラの本体に読取機能を組み込んだ製品で「露光」⇒「読取」⇒「消去」⇒「露光」を自動的に行いますので、IPを他の読取装置・消去装置に持ち出す作業はございません。
既にこの7年間の実績で国内の大学・研究所で71台、海外9台の実績がございます。(2017年11月30日現在)
 
・X線発生装置、各種X線管球および送水装置も用意しておりますので様々なご希望に応じることが可能です。
 
Raue Image Converter (説明書.pdf)
 
X線回折装置基本構成部 仕様
詳細はこちら
 
「更新」IPラウエカメラ最新納入実績
・X線フィルムに比べて、イメージングプレートは数十倍から 数百倍高感度です。
・広いダイナミックレンジ/5桁読取画素サイズ/100μm(標準)
・X線発生装置とX線カメラ部を70cm幅×55cm奥行×50cm 高のコンパクトなユニットとして、X線回折装置を構成しています。
・X線カメラとイメージングプレートの読取機構が一体で、X線 露光から、読取、2次元画像読出しまで自動です。
 
 
単結晶切断治具
 

(C) 2010-2013 Xray Science Corporation., All Rights Reserved. 東京都中央区八重洲2-11-2 城辺橋ビル6階 TEL 03-3231-9807